癌の転移を防ぐ|症状にあった治療を受ける

CTスキャン

主治医とよく相談して

発生することを抑えることができます。癌の転移で心配を解消したいなら、知識サイトを調べてみましょう。気になる人クリック!

薬

癌はいったん治療を終えても、癌化した細胞が残っていたために再発することがあります。もともと癌ができていた場所とほかの場所に再発した場合、これを転移と呼んでいます。癌が転移してしまう仕組みは、血液やリンパ液などによるものです。癌細胞は血液やリンパ液の流れに乗って体のあちこちに運ばれていくことがあるのです。リンパ液によって運ばれた場合には、体にいくつか存在するリンパ節に癌が転移するケースが多く見られます。一方、血液の流れに乗って運ばれた場合には、元の臓器とは別の臓器に転移することがあります。転移が特によく見られる臓器には肺や肝臓などがあります。また、骨の内部にも血管があり血液が流れ込んでいるので、骨に癌が転移する場合もあります。

いったん治ったと思っていた癌が再発したり転移したりするというのは患者にとって非常にショックに感じられることです。しかし癌の種類によっては、将来転移することをあらかじめ想定した上で放射線治療などによって予防対策がとられることもあります。このような方法については患者の方から質問しないと情報が引き出せないことも多いので、知識を得た上で主治医に相談するとよいでしょう。癌が転移してもその部位に対して治療を行うことは可能です。治療が難しいケースであっても、抗がん剤を活用することで転移した後の症状の悪化を遅らせることができます。抗がん剤を組み合わせたり、複数の種類を少しずつ試しながら使うことで高い効果が出ることもあります。

悪性腫瘍はなぜ再発するか

男女

癌細胞が、血液やリンパ液によって運ばれ、別の部位で発生することを転移と呼びます。またある部位の癌が、近くの臓器に散らばる播腫というのもあります。これらを防ぐには、禁煙を含め手術後の生活を改めるのがお勧めです。化学療法や放射線療法もありますが、最近は、自分の細胞を用いる免疫療法が注目されています。

術後の注意点と予防

薬

癌は、目に見えるほどの大きさになっているころにはすでにほかの部分にもがん細胞がいきわたってしまっていると考えるのが妥当です。手術を受けた後は、再発や転移を起こさないように、いかにがん細胞を活性化させないよう生活していくかに注意します。野菜や大豆製品は効果的なので積極的に食べましょう。

発見しにくい病気

男女

癌細胞は勝手に増殖を続けやがて各組織へと転移するため、異変を感じたら医療機関を受診する事が大切です。癌細胞を減らす生活が求められており、喫煙は血液循環を鈍らせストレスは体に負担がかかるため、注意する必要があります。