癌の転移を防ぐ|症状にあった治療を受ける

CTスキャン

発見しにくい病気

男女

癌は日本人にとって深刻な病気ですが、医療技術が発展したおかげで、昔ほどは難しい病気では無くなっています。少し前までは不治の病とされてきましたが、正しい治療を行えば日常生活も問題無く送る事ができます。ただ患った癌によっては発見が遅れると手遅れになる場合も多く、悪化してから気付くケースもあります。そのため定期的に健康診断を受けたり専門外来を受診する等をして、自己防衛する必要があります。癌細胞はもとは正常な細胞であり、通常の細胞分裂によって作れる細胞の一つにすぎないです。分裂の過程でエラーを起こすと癌細胞へと変化し勝手に増殖を続け、隣り合う組織を侵食し体中の組織へと転移します。この暴走にいち早く気づく事が重要であり、異変を感じたらすぐに医療機関を受診する必要があります。

癌細胞が転移すると臓器だけでなく、骨や筋肉にも影響を与え支障をきたすようになります。そのため転移を防ぐ事が大切であり、癌細胞が広がらないように生活習慣を見直す必要があります。一度転移すると再発の可能性が高まりますが、転移を食い止めれば健康な体を維持する事ができます。癌細胞を助長する生活習慣といえば、紫外線を浴びる事や喫煙、ストレス過多や焦げた部分を食べる事です。紫外線は年々きつくなっており、強い光を浴びると体内での修復効果は弱まり抵抗力を落とします。喫煙は血液循環を鈍らせるため、細胞分裂の働きを阻止し癌細胞を活性化させます。ストレス過多になると体にかかる負担を取り除けないため、免疫力が弱まって正常な分裂を妨げるようになります。